13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


進路
Kは中学3年生。
受験生である。

この夏休みは受験校を決める、大事な時期。
部活引退し、本格的に勉強始める子は多い。

でも、Kはまだまだ引退はできない。

とはいえ、勉強する時間がないわけではない。
夏休み、終日新体操があるわけではなく、勉強時間はたっぷりとある。

あるけれど、
たっぷりと寝ている。
寝る時間に費やしている。

まあね、今、まだ成長期で、中学生のうちにしっかりと成長させて、あとは止まって・・・と願っているので、寝て伸ばして欲しいとも思う。
寝る子は育つっていうから。
学校あるときは、夜の練習が遅くまであり、睡眠時間がなかなかとれないし、今、この夏休みにたっぷりと寝て、成長ホルモンの手助けをしたい。
コルセットつける時間も長く取れるし。

でもね、受験生ってことも忘れてはならない。

進路。

実はまだ決まっていない。

一旦は、今のクラブチームに所属したまま、公立高校に行く予定に決めていた。
クラブチームには高校生枠もあり、登録すれば、個人で高校総体にも出ることができる。
しかし、今になって、揺れている。
本格的に新体操をするなら、私立の新体操の名門高校に行く方がいいのだ。
私立の名門からは、推薦入学の誘いもある。
学校の部活なら、団体も個人もできるし、みっちり指導を受けることが出来る。

ただ、早朝から練習し、授業を受けて、放課後夜遅くまで、練習。
朝の6時に家を出て、夜の10時に家に帰る毎日になる。
土日も朝から晩まで練習。
生半可な気持ちではできない。
団体メンバーに入ると、休むことも許されない。

コルセットをどうするか。
こまめにつけはずしできるか。

心配である。

医師からは、骨の成長からいって、あと3年くらいはコルセットをつけていなくてはならないだろうと言われている。

思いっきり新体操をやりたいという気持ちは分かる。
でも、体がついていけるのか、親としては疑問。

私立の推薦だと、今の成績なら、勉強しなくても、受かる。
公立高校へ行くには、受験勉強が必要。
でも、入ってから、楽なのは公立。

今、選ぶのに簡単なのは私立だけれど、私立で新体操をするには、相当の覚悟がいる。
普通でも覚悟がいるのに、側わんで、耐えられるのか。
それが心配。

公立高校でも、お年頃で、人目を気にして、コルセットをしなくなる、っていうのはよく聞く話。
体育での着脱も、今みたいに保健室で至れり尽くせりってわけにはいかないかもしれないし。

・・・考えるとしんどくなってくる。

早く成長も、進行も、止まってほしい。

次の検診は、試合の関係で、9月下旬に予約しました。
・・・進行してないといいのだけれど・・・・

f_03.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。