13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャミソール後姿
今日はこれにカーディガンをはおってお出かけです。

110519_1741_01.jpg


夜だけ装具して寝ています。

このままでいてくれたらいいなあ。

左の肩ひもが下がりやすいと言っています左の肩の傾斜がきついのですよね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
Rさん

はじめまして。
ネットをみていて、偶然このブログサイトにいきあたりました。
私は上40、下65度まで進行した特発性の側わんで、21才の時に手術をしました。中学からコルセットをつけた生活で、Rさんの記事に共感するところが多く、エールをおくりたいな、と思った次第です。

私は現在、31才です。
手術は、骨の歪みをほとんど分からない程度にしてくれましたが、筋肉量はそうもいかず、この10年ですこしずつ、ごっそり肉のなかった背中の右側に筋肉をつけて、均等なバランスが保てる身体づくりに専念してきました。
側わん患者には、私がそうだったのですが、成人以降に腰痛や頭痛が重くなる人が多いようです。
けれど注意していれば、つきあっていけます。

娘さんの大学生活が、実り多いものでありますように。
応援しています。


kiyomi
【2011/05/21 14:51】 URL | kiyomi #hgeZRsoI[ 編集]

kiyomiさんへ
21歳で手術、精神的にも肉体的にも大変だったことでしょう。
お察しいたします。
頭痛や腰痛は側彎の影響なのか判断しかねるところですが、
すべて含めて、自分の体のことは自分がしっかり受け止めてつきあっていけばなんとかなりますよね。
ちょっとほっとしました。
心強いコメント、応援の言葉、ありがとうございました。

【2011/07/05 18:05】 URL | R #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。