13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春休みになりました
側わんが発覚して以来、毎年春休み、夏休み、冬休みの年3回が定期健診でした。
でもこの春休みは一回休み。
冬休みの検診のとき、次回は夏休みでいいとのことだったので、なんだかゆったりしています。

身長は変化なし。時々思い出したようにはかっています。

学校帰りに塾に行くようになり、学校へ装具をつけていかないと、終日装具なしになってしまうことに多少の不安感があるのか、時々学校に装具をつけて行くようになりました。
二年の春から体育のある日は装具をつけず、夏服になってからは体育がない日も装具をつけず・・・だったのに。

家に帰るとずっとつけています。
休みの日などは時々はずしてやすんでいたりもしますけれど、たいていはつけています。
つけていると安心するんでしょうね。

ただ、大分きつくなっているのでずっとつけているのはしんどいようです。

医師はずっとつけなくていいから、作り直さない、という方針なので。

いいのか悪いのか、よくわかりませんが。
厳密に言えば作り直したほうがいいのでしょうが、お金は返ってくるとは言え、まるまる出るわけではないですしね。
そのへんの兼ね合いでしょうか?

あと少しだから太らないでがんばれ、ってとこです。

勉強は・・・
まあ、がんばっているかな。

机でずっと勉強していると、背中が痛むようで、時々も揉まされます。
装具をはずしてベッドに寝っころがって教科書を読んだりもしています。
でもま、そくわんでなくても、肩こりや体のこりはありますからね。
そくわんの曲がりのところが一番痛いようですが、そりゃ、一番弱いところ(正常でないところ)ですからしかたがないのだと思っています。

一生付き合っていかなければならない痛みなのでしょうね。

新体操で腰痛がひどい子、半月版を傷めてしまった子、脊椎すべり症で手術した子、いろいろいますから、そのうちのひとつだと思えばいいのかなと。

年を重ねていけば古傷の一つや二つ、誰でもありますからね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。