13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心臓が苦しい?
Kは前から時々胸が苦しくなるとか、息の仕方を忘れることがある、なんて言う事がありました。
100メートル走の時、途中から力が抜けて腰砕けのようになって思うように走れないとか。

この数ヶ月は食後、気持ち悪くなったり、食べ過ぎというほどでもないのに胸焼けのような症状が出たりして、胃腸科に行って診てもらったりもしました。

CTスキャンでは異常なし。心配だったら胃カメラでくわしく診たらいいけれど、精神的なものではないかということでした。

装具のせいもあるのかなあとおもって食事の時には装具をはずしたりもしてみたのですが、変わらないと言います。
そういう時期が続いて、最近はそうでもなくなっていたのですが・・・

正月明け、私の父、つまりKの祖父が突然亡くなったのです。

お通夜や葬儀では泣きましたが、見た目、そうダメージがあったとも思えなかったのに、その後、ずっとしんどいと言って、忌引きで三日休んで、その後三日は学校へ行ったのだけど、やはりしんどい、胸が苦しい、心臓が締め付けられる、と言うし、この度の不幸からではなく、前から時々あったというもので、念のために、県立病院に行って来ました。

道が混んでいて、駐車場も混んでいて、午前中の受付ぎりぎりだったので、私が車を駐車場に入れる間にKだけ入口でおろして自分で受付をさせました。
素人判断ではなく、症状を聞いてもらって、適切な科で診て貰おうとしたのだけど、総合案内であてがわれた科は整形外科。

整形外科の前で受付をしているところに私が追いついて行きました。私はちょっとびっくり。
「側弯のこと言ったの?」
と聞くと言ってないって。胸が苦しい、息苦しいというと、「整形外科ですね」と言われたとか。

私が整形外科で側弯治療をしていることを話し、整形外科では先月みてもらったばかりで、他の病気の可能性を調べて欲しいといいました。
で、一般内科で診てもらいました。
問診と、聴診器による内診と、胸のレントゲンと、心電図。(レントゲンはとり過ぎだなあとちょっと心配ですが・・・)
結果、異常なし。
問診により、私が父の不幸のことも言ったため、「軽い過呼吸の症状のようです」と言われました。
つまり、心因性。

ちなみに側弯治療との相関関係は直接はないとの事。
側弯のかかりつけのI先生にも電話で聞いてみましたが、34度くらいで肺や胸に影響はないので、そういう症状があるなら、他の病気を診てもらった方がいいと言われました。

過呼吸症候群(過換気症候群)は意外と身近なもので、新体操仲間で、練習中に発作を起こした場面を二人見ています。
その子たちも、それまでなんの症状もなかったのに、いきなりでした。
でも一度発作を起こすと、くせのようになったりもするとか。

命に別状のないものですが、いつ起こるかわからないところがやっかいです。

でも、まあ、心因性でよかったかな。
原因も分かっているし。

多感な時期なので、多いのですよ、と医者も言っていました。

お腹も、胸も、やっぱり精神的なものなのでしょうね。

そくわんでコルセットを常時つけていることも、気にしてないふうにして、愚痴も、不満もほとんど言わないで、泣いたりもしないできたのだけれど、知らず知らずストレスもたまってきていたのかなと思いました。
それで、この度の不幸で一気に出たのかなと。

いままで本当にがんばってきたものね、とほめてあげました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。