13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


装具修正、母の怠慢
検診に行った週の土曜日に装具屋さんに行くつもりが、いろいろな用事が重なり、結局3月の初旬になってしまった。
慣れって怖い。
最初に側わんが分かった時、同じ側わんの友達の母が、検診の時期にまだ行ってないことや、度数を把握してないことに、「呑気だな」と思ったが、私も似たようなことをしている。

電話で予約して、説明してくれた目印を頼りに行ったら、「○○(県名)義肢製作所」と大きく看板を掲げた、古臭い建物に、装具師のおじさんがいた。
昔風の鉄工所のようなところだった。

薄汚れた待合室に通され、J病院から貸し出しされたレントゲン写真を装具師に渡した。
おじさん
「ああ、そんなに変わってないですね。」
そう言った。
覚えてるのか?前回のレントゲン。
そうだったら、すごいじゃん。

それほど側わんを扱ってないのか?

いやいや、前に聞いた時、記事に書き忘れていたが、このおじさん、いろいろな病院を掛け持ちしていて、大学病院では、先生が色々変わるから、いい先生に診て貰おうと思っても、移動になるので当てにならない。J病院のM先生はいい先生です、と言ってくれました。
コルセットも、本人がつけやすいようなタイプにしてくれると。
よそだったら、もっと、胸の上や、首まであるようなものになると。
いろいろな側わん患者、見ている風なことを言っていた。

「30度くらいでしょう?」
そう言った。
そうか、レントゲン覚えてるんじゃなくて、度数を把握してるんだわ。
装具作る時、必要だもの。
納得した。
前回28度で、今回31度。
確かに30度くらい。
専門家に言わせれば、変わってないと言えば変わってないのか・・・

骨盤の形に合わせた部分は、成長しても大丈夫なように作ってあるから作り直す必要はない。脇の金具がわきの下に届いていなくて、押さえが全然利いてないから、そこをもう少し伸ばして、脇の下を押さえられるように作り直します、とのこと。
3日かかる、というので、3日後に取りに行くことにしました。

レントゲン見てまた、おじさん。
「まだ、骨盤のところの骨が繋がってないですね。」

やっぱりまだ、成長中。

嬉しい反面、不安。

3日後。取りに行く。

出来上がったコルセットをつけてみるK。

「なんか脇が当たって痛い。」

Kがそう言うと、おじさん、どれどれ、と見てくれる。

計る時、どうも、目分量と言うか、アバウトな気がしたのだけど、まあ、専門家がすることだから、大丈夫と思ってたのですが、案の定と言う感じ・・・

おじさん、しばし、考えて、
「じゃあ、ここをちょっと短く切って直すから、待てますか?」

20分くらい、待って、できあがってきた。
脇、ぎりぎりになった。
今度はちょうどいいらしい。

脇を押さえ上げられると、押さえられた右肩が上がる。
これは、いいのか、と聞いてみた。
上がるのは押さえが効いているということだから、いいらしい。
見栄えは悪いけれど、それで効くなら仕方ない。

お直ししたコルセットはちょっと痛いとKはぶつぶつ。
つまり、今まで、楽ちんなサイズになってしまって、全然矯正力がなかったってことではないか。
そんなものを一生懸命つけていたのかと思うと、なんだか情けなく、悔しかった。

それもこれも、私の怠慢でした。

お直しの費用は、0円。
本当は経費を請求できるらいいけれど、簡単な直しだったから、今回はいいですとおじさん。
・・・前に1年間保障とか聞いたから、問うてみると、
本体は保障するが、お直しの実費は別だとか言ったような・・・

ふーーん。よくわからないけど、そう言うならそうなのか、って感じで言われるがまま。

f_03.gif
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。