13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


検診のたびに度数進む・・・
今現在の事にまだ行き着いていないので、もどかしいのですが、
一応順を追って書いていきます。

前回の記事で、重いものを持たない方がいいということを書きましたが、これは、側わんが進むからということではなく、本人が、コルセットが食い込んで、痛がるからです。
もともと、学校の鞄は6時限分の教科書とノートで毎日とても重く、うちの中学の指定鞄はリュック型なのですが、肩に食い込んで、コルセットをしていなくても、重くて後ろに倒れそうになるのです。
だから、ちょっとでも楽に歩けるようにと、先生にお願いして配慮してもらいました。
娘の希望を聞き入れてやったという形です。

学校へコルセットをして行っても、誰にも冷やかされたり、からかわれたりはされず、Kは、今までと変わらず、学校へ行くことができました。
いきなり学校ではなく、家で慣れてからだったのも、よかったのかも知れません。
ずれた靴下を上げたり、落ちたけしごむやえんぴつを拾う時、友達に頼むと快くやってくれるし、
保健室での着替えは、ゆったりと気兼ねなく出来るので友達も喜んでるとか。
通常は教室で、二クラスで男女別れてするけれど、男子が忘れ物取りに出入りしたりして、ささっと着替えないといけないので気ぜわしいのだそうだ。


新体操の泊りがけの試合にも、貸切バスで行く時にはしていきました。
公共交通機関を使う時は、はずした時荷物になるのでしていきませんでした。

新体操以外、ずっとつけるようになりましたが、それには理由があります。
「つけてない時、背中が痛い」のです。
新体操の時は、動いているので痛くないらしいですが、じっとしている時は、コルセットで押さえてないと、痛い。

それを医師に聞きに、11月、病院に行こうかと思いましたが、本人が、痛いものはしょうがないし、どうしようもないだろうからいいというので、結局そのまま様子をみることに・・・

検診予定の冬休み。
年末年始、1月の大会の練習で忙しく、検診に行けず仕舞いでした。
大会後、2月頭、実は親指間接を新体操の手具で強打し、それを診てもらうのも兼ねて、やっと病院に行きました。

親指は骨にひび。
しかし、本人が痛くなければ、テーピングで練習は可能とのこと。

側わんは・・・
装具なしで31度

上がってる。

でも、先生の診立ては、
「誤差の範囲内ですし、これくらいなら大丈夫でしょう」
というもの。
上がったうちにはいらないと・・・

身長は153.5センチ
両手広げた長さは、161センチ
前回より6センチ長くなってる。
身長は2センチ足らずなのに・・・

これは曲がってるから?

いちがいにはいえないけれど、可能性は大。

コルセット作ってから、身長が5センチ位伸びているので、サイズが合わなくなっているということで、調整してもらうことになった。
この日は装具師さんは病院には来られないため、病院より装具屋さんの方が家から近いので、日を改めて、こちらから行くことになりました。

直した装具の様子を見るためと、指のひびの件もあり、次回、3週間後に来るように言われました。

f_03.gif
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。