13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


装具(コルセット)初装着
予約した2週間後、装具師のおじさんと
診察室の奥、カーテンを引いて、
上着を脱いで、ジーンズを下げて、
Tシャツとスパッツの上から装具をつけてみる。

「きつー。くるしー。」

第一声です。

いろいろな姿勢をしてみて、
と言われ、体を動かしてみる。

なかなかおもうように動かない。

寝転んだら、なかなか起きることが出来ないと言われたので、
どれどれと、寝転んで起きてみると、
Kは腹筋使って、ふっと起きた。

おじさん、目が点。

・・・大丈夫そうですね。

ですって。

つけたままレントゲン撮影。
先生にも見て貰う。

「矯正で21度。もうちょっと矯正したいですねえ、」

そう言って、装具師さんとなにやら相談。

もう少し上に力がかかるように修正するそうで、
また1週間後、取りにきて下さい、とのこと。

で、その日は手ぶらで帰宅。
Kは言葉少な目。
私もあんまりしゃべらず。

なるようになる。
なるようにしかならない。

そんな心境。

・・・・・

1週間後、出来上がったコルセットを貰いにまた病院へ。

おじさんと、また診察室のベッドで、カーテン引いて、
つけてみる。
おじさん、「うん、これで大丈夫。」
と言って、費用清算。
装具代はおじさんに直接払う。
総額払って、自分で所定の社会保険事務所に行って、手続きをして、
7割戻して貰うのだそうだ。
(戻るかどうかは、年収によるらしいが)

総額、76370円でした。

その日はもう、もらって帰るだけで、診察はなし。
本当は見てもらってもよかったのだけど、
先生、来客で手が放せないらしく、帰ってもよいというので、
帰りました。
「レントゲン撮って確認しなくていいのかな」
とは思ったけれど・・・。

保険請求の仕方は、受け付けでも丁寧にしてくれました。
先生の診断書が必要だったのですが、
今日、後で書いて貰って、すぐ自宅宛に送ってくれるとのこと。

ここは、受け付けも、看護師さんも、とっても対応がよく、
気持ちよく診察できる病院です。

装具をつけたまま、車で帰宅。
しかし・・・
10分もたたないうちに、K、挫折。

「こんな苦しいもん、つけられない!」

そう言って、はずしてしまいました。

...車だからね、いきなりは無理だよね。

私も強要しませんでした。

はずしたまま、夜を迎え、お風呂に入った後、
自分からつけました。

ベッドに入って30分くらいだったでしょうか、

「寝られない。苦しい、痛い。」

泣きべそです。

「最初はしんどいけど、なれるから、今だけがまん、がまん。」

そう言って慰めてみたものの、
つらさは本人にしかわからない。

なだめて、寝かしたけれど、
朝、起きて見ると、床にコルセットがころがっていました。
本人、良く寝れたようで、すがすがしい顔。

「いつはずしたの?」
と聞くと、
「わからない。」
と言う。
無意識にはずしたらしい。
きっと、寝入ってすぐねぼけながらはずしたんじゃないかな。

・・・前途多難だな。
と思いました。
いきなり、23時間つけてる子もいるのに・・・
夜だけなのに・・・

こんなんで大丈夫かなあ。
このままつけないでいるのかなあ・・・
1日明けて、とっても不安な気持ちでした。

IMG_2843.jpg


IMG_2842.jpg


装具はこんな感じです。
(この写真は最近撮ったので、体に対してサイズ小さめです)

f_03.gif
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント
前方の胸のあたりは覆われていないのですね。うちの子のに比べると随分負担が少なそうです。本人はきついでしょうが。やはり手術しないといけない角度と比べると矯正の仕方が違うんですね。
7月手術なんですが、近づくととても不安です。こんな思いをしない為に娘さんには頑張ってもらいたいです。
そくわんヨガ行きました。
感想は「もったいなかったなあ」というところでしょうか。ヨガの考え方は普通のヨガでも同じなのでうちはヨガの講師にDVDを見てもらい、側わんの事も少し知ってもらって自宅で個人レッスンを受けました。タウンページで調べたスクールに直接行き頼み込みました。おかげで月1回3千円というレッスン料でできました。
ヨガは身体の調整として考えて行いました。正直治るという気はしません。
【2007/05/26 15:53】 URL | ピース #-[ 編集]

ピースさん、コメントありがとうございます。
7月手術ですか。
おいくつで、どれくらいのコブ角なのでしょうか。
気になります。
安全な手術とは言いますが、親としてはやはり心配はつきませんよね。
無事、うまくいきますように、お祈り致します。
きれいなラインになるといいですね。
そくわんヨガ・・・やはり高いですよね。
でも、筋肉の痛みや、コリをとるにはヨガもいいのでしょうね。
コルセットはこれは初代なので、今やってるのはもう少し大がかりになります。
日を追って書いて行きますので現在に至るまで、もうしばらくかかります。
【2007/05/30 12:44】 URL | R #-[ 編集]

はじめまして、☆です。
私は中学2年生です。
私は中学1年のときにあった脊柱側湾の検査で
ひっかかり、病院へ行くと28度でした。
先生が「このぐらいだと、コルセットをしなくてもよい」と言われたのですが、
母と相談してコルセットをつけることにしました。
私の場合、体をねじった状態で長時間過ごすことが多かったので、背骨がねじれてしまってるんです。
手術することも多いみたいなのですが、私の母的には我が子に痛い目にあわしたくないみたいで、
私自身も背中にメスをいれるなんて怖くて怖くて・・・今とても不安です。
でもkさんもコルセットをして頑張っているのを、
この記録を読んで参考にしてます。
ここで質問をしたいのですが、
Kさんはコルセットの型をとるとき、胴の所全て
石膏で覆いましたか??
私は胴の部分全て覆ったのですが、
その分コルセットも大きくなってしまうのですか??
【2008/04/07 23:45】 URL | ☆ #-[ 編集]

☆さんへ
初めまして!
コメントありがとうございます。
中一で発覚、角度も同じくらいですね。
コルセットは最初のもの(ここの写真)は石膏で上半身全部ぐるぐる巻きにして作りましたよ。
胴回りは二周り位大きくなりました。
2個目のは石膏では作ってないですが、1個目よりももっと大きいです。
後の記事をみてもらうと分かると思いますが、スカートは5センチくらいサイズ大きくなります。
自分からコルセットつける決意をするのは偉いですね。
コルセット生活は最初は大変ですが、だんだん慣れます。
なにか分からないことがあったら気軽に質問してくださいね!
【2008/04/10 09:39】 URL | R #-[ 編集]

Rさん、ありがとうございました!
コルセットは今月の16日にとりに行くことになっています。
これからも色々と質問することがあるとおもいますが、よろしくお願いします♪
【2008/04/10 22:51】 URL | ☆ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。