13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大学合格、そして検診
高校を卒業しました。
そして、志望校に合格しました。
ありがたいことです。家から通える大学です。

一年ぶり、いや、前回は冬休みだったから、一年以上ぶりに検診に行ってきました。
さぼりすぎ(汗)
夏休みに来なさいと言われてたのにね。

でも、電話予約の時、もう装具はまったくつけていないと言ったら、
「では、装具調整の必要がないので一般外来の時間でいいです」
と言われ、初の午前中検診。

側彎外来はいつも月水金の四時以降と決まっていたので混雑し、予約もなかなか取れない状態でしたが、一般なら余裕。高校卒業していち早く春休みですしね。
側彎外来の時間は、装具師さんがいる時間なんですよね。


で、いざ、検診。
今日はレントゲン写真のみ。体力測定なし。
すぐに診察によばれました。

36度

上がってます。
でも、前に一番ひどかった時と同じです。
前回31度で、誤差の範囲内とも言えます。
装具つけてないから上がったとも言えます。

先生「悪くなってますね」
  「でも、まあ、これくらいで押さえられてよかったですね。危なかった」
  
私「将来まだまだ悪くなりますか」

先生「なりますよ。十年周期くらいで」・・・あっさり

私「手術が必要なくらいになるでしょうか」

先生おもむろに、かなり湾曲のひどい側彎の症例写真を取り出して。

「これくらいになったら手術した方がいいですが、たぶん、この子の場合は大丈夫でしょう。同じくらいの度数でも腰の方で曲がっていると出産にひどい痛みがあったりして、悪くなることもありますが、胸の方なので、そんなに影響はないでしょう。」

おじぎをさせて背中をさすってみて、

「角度の割に表面に出てないですし、わかりにくいですね。うん、だいじょうぶ。」
「でも、身長計測とぶら下がりは続けて。身長が下がり始めたら要注意ですよ」

ぶらさがり…全然してませんが、例の器具、やはり購入しようか…迷うところ。
装具に頼れなくなるなら、毎日リセットするのは大事かな。


私「装具はもうつけなくてもいいのですか。夜だけでもつけた方がいいとも聞くんですが」

成長が止まっても、成人するまでは着けた方がいいとも聞く。
最近歯列矯正も調べているので、歯も動くなら、骨も成人したって動くんじゃないかとか。

先生「ほとんど効果ないですが、まあ、しないよりまし、くらいかな」

・・・疑問

私「つけた方がいいならつけたいんですが…」

先生「今の装具は入るならつけたらいいですよ。作り直すことはしませんよ。」

あれか?保険使いすぎるからあまりつくるなと厚生労働省から言われてる、とかってやつか?

装具、一時きつかったけど、今は少しやせたので、一応入る。

で、装具、持って行っていたので、「じゃあ、せっかくだから診てあげよう」ということで、装具つけることに。

「壊れてるんです(汗)」

と言って見せたら、よくあることのようで、平然と、

「じゃあ直して送りますよ。」

…で、パットも一つはずれていたので、それも付け直して着払いで送ってもらうことに。



次の検診は、一年後でも二年後でもいいと。

そう言われれば二年だよね。


これで、側彎矯正治療時代、終了かな。

いや、まだ、装具夜だけ、成人までを目標に、がんばろう。…いや、がんばるのはKですが。




※一部不適切と思われる表現もあったかと思いますが、医師との会話をあえてそのまま載せました。参考にしていただければ幸いです。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。