13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


センター試験間近
大学入試センター試験まであと一カ月半になりました。
側彎のことはすっかり忘れて、勉強に励んでおります。
装具はほとんどつけていない状態です。

背中はいつもチェックしていますが、どちらかといえば、曲りはほとんど目立たない気がします。
ただ、成長による曲りは終わっても、筋力の低下+重力による加齢性?の曲りはあるようなので、気をつけないといけないと思います。

医師によっては成人まで夜まで装具ということもあるようなのでつけるに越したことはないのでしょうが。
作り直さないときついかな。

でも、受験のストレスのせいか?体重が少し減って、やせたようです。

歌とダンスが趣味なので、勉強の合間のストレス発散にやってるのも功を奏しているのかな?
とはいえ、新体操現役時代に太ったのだから、意味ないですが。

検診、結局行かず終い。
受験が終わったら行きます。


三月末…かなあ。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。