13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応急措置
夏休みまで病院に行く気がないので、応急措置をしてみました。

HI3A0538.jpg
前から見た図。

HI3A0539.jpg
後ろから見た図。

ちょうどいいところに穴があるので、腰紐を穴に通して縛っています。
なんかかわいくなったでしょ。

締まり具合は同じみたい。

ちょっと手間だけど、いい仕事します。腰紐。

夜だけつけています。
スポンサーサイト

装具、壊れちゃいました
中学三年生から愛用してきた装具の金具がぽきんと折れてしまいました。

毎日毎日つけてたもんな。
つけたり、はずしたり、が正解か。

検診は夏休みの予定なので、まだまだ先だし、装具をつけないでいるのも不安。
今は学校へは一切つけていっていないですが、夜だけは毎日つけています。

どうしたもんかなあ・・・

病院に電話してみようかなあ・・・


これが、
HI3A0450.jpg

こうなりました。
HI3A0451.jpg

わかりにくい?

じゃあ、これが
HI3A0448.jpg

これでは?
HI3A0449.jpg


一番大事な部分なので、これが締まらないと全然役にたちません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。