13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


装具で体がしびれる時は・・・
以下は前回の記事のコメント欄より抜粋したものです。
参考にしてください。


初めて、コメントします。
うちの子供は、昨年九月に突発性側湾症と診断され、装具治療することになりました。
でも装具がなかなか体に合わず、装具を付けると足がしびれるみたいで・・・
装具屋さんと相談しながら、装具の調整中です。23時間装着はいつになることかな・・・
Rさんのブログを参考に治療頑張っていきたいと思います。
相談にも乗って頂けるとありがたいです。
またコメントします
【2010/01/12 22:04】 URL | みーこ #-[ 編集]

--------------------------------------------------------------------------------

みーこさんへ
コメントありがとうございます。
足がしびれるのはしんどいですね。ずっとつけおかなくてはならないものですから、がまんしないで、どんどん改善していってもらうといいと思います。
装具は、押さえ込むのと、長時間つけていられるのとどっちもできる妥協点で作るようです。いくら矯正力の強い装具でも、つけていられなかったら意味がないですからね。
無理のないように。
私にわかることでしたらいつでも相談にのります。
同じ特発性側弯症仲間、どうぞよろしく。
(突発→特発、側湾→側弯、まちがい易いのですが右が正解です(^^)
【2010/01/13 09:12】 URL | R #-[ 編集]

--------------------------------------------------------------------------------

気になったのですが、「みーこ」さん。
横レスですみません。
装具で足の付け根辺りを圧迫することによる痺れ(大腿皮神経こうやく症候群)かもしれませんので、装具士さんに相談して我慢しないようにご注意くださいね。
同じ装具治療をしているタロちゃんも同様の症状が出ていたようです。
もしその症状だとして、我慢してその状態が長期間続くと神経が戻らなくなりますから。
脅すようですみません。
【2010/01/13 19:42】 URL | くらら@ #/[ 編集]

--------------------------------------------------------------------------------

みーこさんへ。
我が家の娘は6月末から装具生活です。
足がしびれるとかはないのですが、やはり装具がしっくりいかなくて皮膚が悲鳴を上げている状態ですが、付けたり外したりを繰り返しながら、何とかその気にさせてがんばっています。
【2010/01/15 11:54】 URL | AKIKO #-[ 編集]

--------------------------------------------------------------------------------

みなさんありがとうございました。(^^)
早速月曜日にでも、装具屋さんに相談してきます。
【2010/01/17 00:08】 URL | みーこ #-[ 編集]


スポンサーサイト

検診です
冬休みの検診に行ってきました。

朝から装具はずして、夕方の検診で
31度でした。

進んでいません。

まあ、とりあえず、装具で押さえ込むのに成功したと言ってよいですね、と言われました。
でも身長が少縮んでいました。


今まででも、睡眠時間との関係で、増えたり減ったりはあったので、今のところ問題はないということですが、ここが一番の注意点です。
今後も身長は頻繁に計っていかねば。
もし縮んでいくようなら、曲がってきていることになります。

骨の成長はまだ止まっていなくて、これは身長がまだ伸びるということではなくて、完成していなので骨が柔らかいのだと思わなくてはいけないそうです。
上昇率、体型からして、もう伸びる可能性はなさそう・・・
大分女らしい体型になって来ました。
骨の成長が完成すると、硬くなり曲がりにくくなるけれど、完成していないうちは、曲がりやすいのでまだまだ装具は離せません。
きついと言うと、またパッドを削ってもらって、これ以上太ったらだめだと先生に言われてしまいました(^^ゞ
まあ、作った当初からしたら、かなり体重増加ですが、一般女性からしたら、太っているとは言えない体型です。
看護師さんに、全然太くないよ~となぐさめられていました。

病院では157,8cm
よく寝た朝は160cmの時もあります。

今後は長い時間はずしてもOK、どちらかと言うとはずす方向で。
身長を計りながら、調節して言ってくださいとのこと。

そして次の検診は、春休みではなく、夏休みでいいそうです。

なんかちょっと終わりが見えて来ました。

それから・・・
次の総体(6月、高校生最後の公式試合です)までがんばるかどうかさんざん迷った末、結局新体操を12月末でやめました。
受験勉強に専念するそうです。

・・・筋トレ、しないとね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。