13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体調不良、金縛り
身長が止まったようなのをいいことに、装具をさぼっています。
体育がない日はしていっていたのに、夏服になってからは体育がない日もつけなくなり、冬服になった今も、つけていっていないです。

学校から帰り、家ではつけているのですが、それも、ずっとではない。
その理由は、しんどいから。
きついのだと思います。
太ってきついのもあるけれど、つけない時間が長くなったために、体が楽なほうを求めるのかもしれません。

それと・・・

夏ごろからやたら金縛りが起こるのです。

霊的なものは私は一切信じないので、霊かもと怖がるKにもそう言い聞かせていましたが、Kも不安になり、自分でいろいろと調べて、中高生の心が不安定で自意識過剰気味の女の子におこり易いもので、科学的にも証明されている症状だと知り、一安心しています。
でも、一時は、金縛りの時に真っ暗だと怖いからと、朝まで電気をつけて寝ていました。

で、装具で体をしめつけて寝ることも、原因の一つのような気がして、寝る時も装具をはずすようにもなりました。

今はおさまってきたので、また装具をつけて寝ています。

うーん、なかなか・・・
心をとるか、体をとるか、難しい。

時々息の仕方を忘れるとか、変なことを言うし、
お腹が痛くなることもしょっちゅう。

これも装具の影響あるのかも。
装具の下からお腹の肉がぽっこり出るようになりましたから・・・
それって、押さえつけてるってことですものね。
まあ、お腹はもともと弱かったのですが。

装具買い替え・・・
かなあ・・・

もうやめてもいいのかなあ・・・

次の検診は冬休み。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。