13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


二年生になりました
新しいクラス、新しい担任です。今回は私はノータッチ。
側わん症であることについては、担任へのお願い等書き込む用紙があったので、それに書いておいたそうです。
HR中に配られ、本人が記入するタイプのものです。

前の担任から引継ぎがあったかどうかについては定かではないのですが。
体育は週三回からニ回に減ったので、これからは体育のある日は装具を着けないで行って、保健室ではなく、みんなと一緒に更衣室で着替えることにしました。
だから、特に先生にお願いすることもないので・・・

でも、朝晩の身長は計り、差が増えているようなら、やっぱりつけるようにしようとは言っています。体育がある日が新体操の練習がない日ならよかったのだけれど、二回とも、練習のある日なので、かなり長い時間つけないでいることになります。
ちょっと心配だけれど、それ以外ではつけるということで、まあ、様子見です。

ちなみに昨日は春休みの宿題に追われ(今頃!)、睡眠時間三時間。
こんな日に身体測定があり、身長は157cmでした。
普通は朝起き立ちで158~9cmあるのだけれど。
寝る前にも157くらいなのに・・・
よりによって一番低い数値・・・
まあ、計り方によっても変わってくるので正確にはどうかはよくわかりませんが。

家では自分が一番高くなる位置までぐっと背筋を伸ばして計るのです。
そうすると、ただ自然に立って計るより5ミリ以上は高くなります。

高校総体が近いので、新体操の練習は、自主錬を含め、とてもハードになってきています。
ちょっと太ってしまったので、毎日腹筋、背筋、側筋きたえて絞っております。
これらのトレーニングは新体操のウオーミングアップのメニューに入っていますが、ちんたらやるのと、本気でやるのとは全然違います。
いまは本気で毎日やっているので、二週間で見た目が変わってきました。
腹筋割れています。
上半身をあらぬ方向に曲げるので、新体操に腰痛はつきものなのですが、背筋を鍛えると、腰痛も治まるようです。
側弯の痛みは、前ほどではなくなったような気がします。
前は頻繁に右の肩胛骨の裏側(骨が曲がっているところです)が痛いといっていて、もんだり、たたいたりしてやっていました。
今は、ほとんど言わないです。

筋肉をつけるのは側弯の痛みを防ぐのにいいらしいので、新体操を引退した後も、続けないとね、と言っています。
とはいえ、なかなか大変そうです。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。