13歳で娘が特発性脊柱側わん症と診断されました。現在大学生になり、装具治療終了しました。自分の記録のため、そして、同じ病気を抱える人の参考になればと体験記をブログにアップすることにしました。



プロフィール

R

Author:R
母・・・R
娘・・・K
大学生
現在コブ角32~36度
25度の時に側わん発覚
27度から装具治療開始
現在は治療終了、経過観察のみ
(年一回側わん専門医にて検診)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


修学旅行に行って来ました
関西で新型インフルエンザ蔓延渦中に修学旅行に行って来ました。
行き先は関東だったので、マスク持参でなんとか出発できました。
3泊4日の旅、終日マスク着用でしたがエンジョイしてきたようです。

装具ははずして行きました。

身長は・・・
行く前も、帰った日も計り忘れ・・・緊張感のない親子です。

帰って、しっかり寝て、朝計ったら
159.6cm
うん、進行してない。(縮んでないという意味)
五月に入ってから朝の身長は大抵159cmあるんです。
前はたま~に159cmになったけれど、大抵は158cm台でした。
少し伸びたのかも。

寝る前の身長は157~8cmくらい。
156cm台になることはなくなりました。

まだほんの少しだけど伸びている・・・としたら、やっぱり装具卒業はまた先延ばしだなあ・・・・

がっかりなような、うれしいような・・・
身長は伸びるのはうれしいけれど、もう伸びても1cmか2cmだから、どっちでもいいような気もするし。

上の娘は161cmなので、それくらいはいくのかなと思っていたけれど。
多分、側弯がなかったら、もう161くらいあるのかもしれないし・・・

体育のある月、水は装具をはずして学校に行っているので、はずす開放感も出て来て、つけなくてはいけないという罪悪感も薄れ、夏服移行後は学校にはつけて行きたくないなあと言っています。

・・・でも、もしまだ骨が成長しているなら、油断大敵、もうひとふんばりがんばらないといけませんね。

装具生活はまだまだ続く・・・
スポンサーサイト

二年生になりました
新しいクラス、新しい担任です。今回は私はノータッチ。
側わん症であることについては、担任へのお願い等書き込む用紙があったので、それに書いておいたそうです。
HR中に配られ、本人が記入するタイプのものです。

前の担任から引継ぎがあったかどうかについては定かではないのですが。
体育は週三回からニ回に減ったので、これからは体育のある日は装具を着けないで行って、保健室ではなく、みんなと一緒に更衣室で着替えることにしました。
だから、特に先生にお願いすることもないので・・・

でも、朝晩の身長は計り、差が増えているようなら、やっぱりつけるようにしようとは言っています。体育がある日が新体操の練習がない日ならよかったのだけれど、二回とも、練習のある日なので、かなり長い時間つけないでいることになります。
ちょっと心配だけれど、それ以外ではつけるということで、まあ、様子見です。

ちなみに昨日は春休みの宿題に追われ(今頃!)、睡眠時間三時間。
こんな日に身体測定があり、身長は157cmでした。
普通は朝起き立ちで158~9cmあるのだけれど。
寝る前にも157くらいなのに・・・
よりによって一番低い数値・・・
まあ、計り方によっても変わってくるので正確にはどうかはよくわかりませんが。

家では自分が一番高くなる位置までぐっと背筋を伸ばして計るのです。
そうすると、ただ自然に立って計るより5ミリ以上は高くなります。

高校総体が近いので、新体操の練習は、自主錬を含め、とてもハードになってきています。
ちょっと太ってしまったので、毎日腹筋、背筋、側筋きたえて絞っております。
これらのトレーニングは新体操のウオーミングアップのメニューに入っていますが、ちんたらやるのと、本気でやるのとは全然違います。
いまは本気で毎日やっているので、二週間で見た目が変わってきました。
腹筋割れています。
上半身をあらぬ方向に曲げるので、新体操に腰痛はつきものなのですが、背筋を鍛えると、腰痛も治まるようです。
側弯の痛みは、前ほどではなくなったような気がします。
前は頻繁に右の肩胛骨の裏側(骨が曲がっているところです)が痛いといっていて、もんだり、たたいたりしてやっていました。
今は、ほとんど言わないです。

筋肉をつけるのは側弯の痛みを防ぐのにいいらしいので、新体操を引退した後も、続けないとね、と言っています。
とはいえ、なかなか大変そうです。

複雑な心境?
7月に入り、また暑い夏到来です。

「もう、こんなのはずしたい」
「いつまでつけていないといけないの?」

普段は素直に、というか、当然のごとく装具をつけているKですが、たまに癇癪がおきます。
期末試験で思うように勉強がはかどらず、いらいらしていたのもあると思います。
装具をしていなかったら、別の方向で癇癪おこすところを、一番当たりやすい?装具に当たっている、と言えるかもしれません。
(そう考えると楽)

そんな時私は
「そうだね、大変だよね、辛いよね」
と一旦同意し、
「でもね、今、36度で初潮後だし、角度的にも時期的にも一番危ない時だからね。」
「40度が大人になって進行するかどうかのボーダーラインだからね。今もうちょっとだけがんばって、進行を食い止めておかないと、後々後悔するよ。」
と淡々と語ります。
つけるのも、しんどいのも自分だから強制はしない(できない)けれど、あとは自分で判断しな、って感じで。

そうすると、「それはわかるけど、でも、うっとうしいんだよ~!このくそコルセットめ~!!」
とまあ、装具はつけたまま、装具に当たっております。

で、そんなやりとりを昨日して、今日は学校行事で終日球技大会。
ずっと体操服だから、コルセットはして行かないね、と言っていたのに、なんと、装具つけたまま制服着ております。

「あら、していくの?」
と言うと、
「うん。なんか更衣室で着替えるのおっくうだから」
だって。

そんな理由で・・・

更衣室は暑いし狭いし、皆の熱気でむんむん。
しかも、自分の子どもっぽい体型にちょっとコンプレックスのKは、皆と一緒に着替えるのは気が進まないらしい。

制服は登下校だけで、学校行って保健室ですぐに装具はずして体操服に着替えるから、装具装着時間としては2時間弱くらいの差ではあるけれど、まあ、そんな変な理由でも、つけていくことを優先できるってことはいいことだなと思ったわけです。

保健室で一人で着替えるのを、「みんなと違うことしていやだな」、ではなく、もはや「楽チンでラッキー」としているのはいいことですよね。

もちろん、こんなふうに思えるのは学校(養護教諭)の配慮あってのことなので、そこは感謝しておりますが。

前に新しい環境での友達関係での悩みを書きましたが、今はもうたくさんの友達ができて、親友めいた友達もでき、充実しているようです。
来週はクラスの友達3人が我が家に泊まりにくる予定です。
(男友達もたくさんできたみたい。もちろん泊まりに来るのは女の子ですが・・・)

学校の待遇もいろいろ
前回のKの高校生活の記事に、うちはこんなだよとコメントいただいたので、転記させていただきました。

(LANさんからのコメントより)
うちは装具入れる袋を持たせてます。体育の時便利です。
夏服…去年装具をつけだしたころ夏服で じべたに座り 浮き出た装具をみた子が
『あいつリュック背負ってるみたい』
と コソコソ笑って言ったことがありました。周りにいた何人かの生徒も笑ったようです。
担任には装具の説明をちゃんとしていたのですが 特別扱いはしないと言う感じの担任でした。
保健室の先生にも着替えなどお世話になるからと最初に あいさつに行きました。でも娘には
『あんたが進行したのは親のせい 病院あかんのちゃう?』
…夏の暑さと慣れない装具…気持ち悪くなり保健室行くと
『あんたは病気じゃない!!ベットで横になる必要ない』
と…。保健室で着替えにいけば
『装具は教室持っていってね 邪魔だから』
…身長がのびてない娘に
『進行してるんちゃう?』
… 悔しかった。
担任は学年の先生には伝えるといったのに 朝会で一番後ろに立つこととなった(座ると装具がうつるので)娘に 違うクラスの先生が
『お前 背低いのに何後ろにいるんや!!』
と言ってきたり…だまる娘に
『自分の場所戻れ』
と…。
かばってくれる先生はなく
『装具つけてますから!!』
と注目される中娘は言ったようです。
でも、その先生は装具をつけていることを知らなかったんでしょうね。
私は校長先生に訴えることにしました。
もぅ ええ加減にしてくれ!!と。
ブログを読ませていただいてましたので 他の学校はこうなのに、なぜここの学校はこんなんなんだと言いました。特別扱いしてほしいんじゃない でも ひどすぎる。
今は、おかげ様で、理解ある人たちと仲良く遊び、娘も強くなり、担任にも恵まれ、うまく装具と付き合っていますが(^^)
お友達が装具をつけてみたみたいで 『よぅこんなんで走ったり 授業受けたり…すごいな!!がんばりや』と言ってくれたり…。最初と違い今は 娘も周りの人に恵まれてると思います。

(以前のコメントではこんなことも書いて下さいました。)
今日修学旅行から娘が帰ってきたのですが 部屋が暑かったから 装具のままいた 上着着なかったと聞いて 笑いました。修学旅行行く前は 風呂も別(アザ 皮膚変色あるため)を 学校にもお願いしてたのですが 結局、みんなと入ったみたいです。
装具むき出しのままいる娘に、お友達も
『なんじゃこりゃ!!ビックリしたぁ~ しんどいんちゃうん?でも頑張れよ!!』
と 言ってきたらしく 娘は
『なれたら平気~ がんばるゎ』
と言ったらしいです。
カミングアウトどころか… 気がついたら気にしなくなってしまいました。^^;

ちなみに体育…装具つけたまま やる娘です。はずすの面倒だからだそうです。困った娘です。装具屋さんも つけたまま持久走走った話ししたらビックリしてました^^;



(☆さんからのコメントより)
皆さん色んな経験があるんですね。。。
私はもとから身長が一番クラスで高いので、(女子の中で)集会などで体育館に行って、クラス順に並ぶ時は一番後ろなんですが、やはり普通に地べたで座ると、しんどいのでイスに座っています♪
母が家庭訪問の時に言ってくれたのですが、自分でもしっかりと担任の先生に伝えました☆
するとその担任が他の先生方に伝えてくれたらしく、短時間の集会(30分ぐらい)でこれぐらいなら大丈夫かなと思って座っていると、担任ではなく、体育の先生が、「☆、大丈夫?しんどかったらうしろおいで」と言ってくれました☆彡
その後イスを片付けようとしたんですが、人ごみが多く、進めなくて困っていたら、こんどは保健の先生が「☆さん、イスもっていったろわ」と言ってくれました♪

こんな風に、私は友達にもコルセットの事を理解してもらって、いい先生にも恵まれて、
コルセット生活を送っています。
大事な事は、自分の状況をしっかりと理解してもらうことだと思います!
そうすると、コルセットに対する嫌な気持ちも
消えていくと思いますよヽ(*’-^*)。

※LANさん、☆さんへ
貴重な情報ですので、コメント欄まで読まない方もいるかと思い、こちらに転記してみました。
(一部省略等有り)
公開コメントですので勝手に転記しましたが、もし、差し支えるようならお申し出下さい。


理解ある人もいれば、そうでない人もいる。
歪んだ見方、誤った知識で言ってくる人もいる。
本人が毅然とすると同時に、親はしっかりと学校に説明し、理解してもらわないといけないと思いました。
何よりも、事実をきちんと把握し、何が正しいかを理解し、間違ったことを言ってくる人に冷静に正すことができることが大事だと思いました。
本人も、親も。
LANさんの最初の養護教諭は最低。
知識のない者には、こちらが資料等を揃え、教えてさしあげるしかないですね。
LANさんが校長先生に訴えたのは大正解だと思います。
でも、それでもだめなら教育委員会でしょうか。

最後に、「~ step by step ~ [ 側弯症ライブラリー] 患者の皆さんへ」のAugust03さんからのコメント。

こんにちは。装具生活をどう過ごせるか...日本の文化、学校の様子、気候、etcを考えたとき、海外での様子を紹介してもそれは実態にそぐわないとつねづね感じるものでした。
米国であればクーラー完備の学校はざらですし、カナダ、ヨーロッパは比較的夏が短いですし。
装具も日本よりは周囲の受け止め方は「治療として当然」という環境にあると思います。
国内のネット情報も、手術経験者の発言や経験談はよくみかけますが、装具中の方(あるいは装具経験者の方)の情報がほとんどありません。
今回のコメントのなかで、学校側の不理解の部分がありましたが、私のブログでも紹介させていただきたいと思いました。
協力を得られてる人も、協力を得られていない人も、もっと情報発信されたほうがいいと思うんですよ。
そうでないと世間は「何も知らない=無理解のまま」でこれからも変わりません。
装具という治療方法もあることを日本に根付かせないと、いつまでも日陰者扱いのままになってしまいます。
皆さんの日常を綴られるといいと思いました。

  ^^^^^^^^^^^^^ ^^^^^^^^^^^ ^^^^^^^^ ^^^^^^^^^ ^^^^^^^^
ということで、ここからも記事として紹介させていただきました。
みんな自分の貴重な体験、差し支えない範囲で発信していきましょう!
ここのブログからでもよければ、コメントやメールくだされば、ここから発信という形でも。




高校生活その後
体育等着替えの時は保健室で着替え、集会等の床に座る時は斜め座りのため、大丈夫ということで、今のところ、不自由はないようです。
学校の登下校も、家から電車の駅まで自転車、駅から学校までは3分ほどの徒歩、荷物が重くても、なんとかがんばれる距離。
次は夏服になるときが勝負時(?)かな。
カミングアウトしたとは言え、もろ装具着けてます、なんて感じになるのはやはり避けたいですから。

保健室での着替えでは、装具は扉つきの棚の中に保管するようになっているらしいです。
養護教諭不在で保健室に鍵が掛かっている時は、事務室に鍵を取りに行き、着替えたら、鍵をかけて事務室に返し、また着替えに返ってきたら、鍵を取りに行って、返して、と結構手間なようですが、なんとか体育にも、次の授業にも遅刻することなくすんでいるということ。
中学のように、友達と一緒に、なんていうことはなく、自分ひとりで行動してます。
高校生ですからね。

友達には、装具をつけていることは言ったと前に書いたけれど、その後、着替えのとき、毎回いないから、「どこに行くの?」と言われ、「コルセットつけてて着替え難いから保健室で着替えてる」とも言ったようです。
反応はいたって普通。
へえ、そうなんだ、って感じ。
Kも、言う事そのものに別にストレスは感じてないようです。

今まで装具着けてることで何か嫌なこと言われたことがないから、そうできるのかもしれません。

掲示板などで、時々、装具をつけていることで、変な目で見られたとか、いじめられたとか、誰にも言いたくない、とか書いている子を見かけますが、そのたびに、Kは恵まれているのかなあと思います。
小学生など、ちょうどリトルギャングと呼ばれる難しい年頃だとなかなか思いと言葉が一致しなかったり、心無い暴言を言い放つ子がいたり、無知ゆえにゆがんだ見方をされたり、ということはあるかもしれません。

でもね、今時、心身共に、いろいろなことを抱えてて生きている子は多い。
何も問題ない、全部みんなと一緒、なんてことはあり得ない。
だから、自分はこうなんだって、知ってもらうことに、そう、ストレスを感じることはいらないと思う。
中学生くらいになると、きっとそういうこと、みんなわかってくると思う。
高校生ならなおさら。

装具をしているのに、バレたくなくて、無理に隠そうとすると、かえってぎこちない言動になってしまう、壁を作ってしまう、ということもあると思います。
まあ、みんながみんな、温かい目で見てくれるとは限らないけれど、友達ならわかってくれるし、受け入れてくれると思います。

できれば、装具も眼鏡やコンタクトレベルで違和感なく受け入れられるといいんですけどね。
本人も、周囲も。

周囲に言えないっていうのは、多分、一番本人が、装具を受け入れてないからじゃないのかなと思います。

環境にもよりますから、偉そうなことは言えませんが。

装具をつけなければならない子達、装具をしっかりと受け入れて、がんばってほしいなと思います。

高校にて、カミングアウト
入学式から4日です。
同じクラスの子はほとんどみんな初対面。

誰かに、コルセットのこと話したの?
と聞くと
「うん」
と言う。
入試の時、床に座れないからイスを出してもらったのを見ていた子が、
「あの時イスに座ってたよね。どうして?」
と聞いて来たらしい。
だから
「私、側わんでコルセットしてるから体操座りができないから」
とカミングアウトしたと言う。
数人で話していた時だから、周りにいた子はみんな聞いてたと言う。
で、その直後、別の子が、
「私もヘルニアでほんとはコルセットしないといけないんだけど、めんどくさいからしてないんだ。あはは」
みたいな話に流れ、側わんの話はそこでおしまいだったらしい。

まあ、自然な感じで、装具つけてることや、できないことが言えたからよかったかなと思う。

言うの平気なの?と言うと、
「べつにコルセットは腰痛でもするし、そういう、ヘルニアの子とかもいるし、特別なことじゃないからみんなは気にしないと思うし女子に言うのは平気。いやなのは、つけたりはずしたりがめんどくさいことよ。」
ですって。
じゃあ、みんなと一緒に更衣室で着替えてもいいんじゃないの、と思うけど、それはやっぱり保健室の方がいいみたい。

4日目の午後、身体計測で着替えがありました。
(体操服で計るので)
体育はまだなので、初着替えです。
みんなは更衣室、Kは1人で保健室で着替えたため、グループ毎に、身長行って、体重行って、座高行って、と回ってたらしいんだけど、グループに入りそびれ、1人寂しく諸々の計測こなしたらしい。

ちょっとストレス感じてます。

保健室で着替えたとはまだ言ってない。
聞かれないから伝えられない、ってとこでしょうか。

自分から「聞いて聞いて、私ね」と言うわけにもいかないし。
まだみんな、そんな仲じゃないからね。

まあ、まだ4日。
側わんって言えただけでもすばらしいと私は思う。

だからきっと大丈夫。

側わんだからじゃない、よくある新入学時の風景だよ。

友達できるか心配・・・っていうのは。

他のクラスには、中学での仲良しはいるので、クラスの中だけのことだしね。
これから徐々に、だよね。

高校入学式
検診は入学式前日。

合格発表後の招集日にもらった書類に保健調査票みたいなのがあって、そこに、持病とか、注意が必要なこととか、学校へのお願いとかを書く欄があった。

既往歴の欄に、特発性脊柱側弯症、現在の持病の欄に、側弯症で装具治療中と書いた。
注意事項に、「装具装着のため、床に直に座ることが難しいため、イスに座らせてください。体育等の着替えの際のご配慮をお願いします。」と書いた。

担任と保健の先生にも直接あいさつしておこうと意気込んで入学式に臨んだ。

入学式、教室でのHRを終え、解散後、教室で、Kと一緒に担任に話しました。

床に座るのが難しい件は、入試の時に見ていたのか、ああ、と言う感じで、すんなり受け入れられた。
入試の時の最初の説明で、体育館に座らされた時、中学の引率の先生が申し出てくれて、イスが用意されたといういきさつがあったのです。

体育の着替えの件は、中学の時には保健室で着替えさせてもらってましたと言っておいた。

どうするかは即答できないので保留で、どちらも本人と相談して決めましょう、ということになった。

翌日、Kと担任で相談の結果、体育館などでの直座りの時は、体操座りではなく、なんと、高校生女子は横座り、いわゆるお母さん座りなので、それならできるからイスはいらないということになった。
着替えの件は、中学の時は更衣室がなかったけれど、高校では更衣室があるので、更衣室でもま、いいかなとも思ったのだけど、担任、体育の先生、保健室の先生、とKが直接それぞれ話して、保健室での着替えが許可されました。
装具は保健室の先生が預かってくれるとのこと。

中学の保健室の先生は、お母さんみたいで、話し易いけれどおしゃべりで、ちょっと軽い感じだったけれど、高校は、きちんとしていて、頼れる感じがしたとKが言ってました。

担任は若い男の先生だけれど、まじめで、きちんとした感じの先生です。

実は長女が教えてもらった先生でもあるので、長女もあの先生なら大丈夫と言ってました。
ちょっと安心。

入学式終えた夜、Kがまた

「もう、つけていきたくない。こんなもの。」

と言いました。

医師にも「任せます」と言われたし、多分私さえ「いいよ、つけなくても」と言えば、つけなくなるのでしょう。

でも、やっぱりまだ怖い。初潮前後が一番変化しやすいとも言われるのに・・・

「もうちょっとだから、がんばろう。」

そう言って、励ました。

実は、スカートのウエスト直し、まだしてなくて、入学式の日は、応急処置でホックにゴムをつけて安全ピンで留めてはいていた。
でも、そうすると、微妙に脇にへんなしわがよって、かっこ悪い。
それがいやだったのもあると思う。

最初だから、知らない子ばかりの中、ダサい子とか、変、とか、思われたくない気持ちが強いんでしょうね。
ヘアスタイルだって、30分以上かけて今流行りのにしてるんだし。
それが、スカートで台無し。

だから、夜中1時までかかったけど、ウエスト、直しました。
前に言ってた、長女の方のスカートで。
長女の方が背が高く、丈が3センチ長かったので、上を3センチ切って、ウエスト線付け直して、5センチウエスト大きくなり、長さも丁度よくなり、一石二鳥。
校則ぎりぎりの長さです。

翌日、ちゃんと装具着けて、そのスカートはいて行きました。

がんばれ、K!

もうちょっとだよ!

目標。
夏休みまで。

4月から高校生!
ご報告が遅くなりましたが、無事、第一志望の公立高校に合格し、高校生になります!
制服を着た姿はもうすっかり女子高生。
なんだか違いますね。

今度の検診は入学式直前。
学校にはまだ側わんのことは言っていません。
検診の結果次第で、入学式の日に担任と、保健の先生に言っておこうと思っています。

もしも学校ではもう装具をつけなくていいということになったら、保健調査書に持病として書くだけで、わざわざ話さなくてもいいかなとも思うし。

制服のスカートも、装具なしのサイズで注文しました。
実は姉(長女)も同じ高校で、今年卒業したのでもう一セット制服があるんです。
だから、必要なら、長女の方のを中学の時のようにウエストサイズ直してはけばいいかなと。

さあ、どうなるでしょう。

もちろん、そんなに期待はしてないんです。
まだまだ装具しないといけないと言われることも十分覚悟してます。

夜だけでいいよと言われると嬉しいなと思うだけで・・・

身長はちっとも伸びてません。

だけど、二回目の月経もきていません。

新体操は、1月からは週1回も行ってなくて、入試が近づくともう、実力のなさに焦りまくりで勉強一筋、新体操どころじゃなくて、合格発表あってから、本格的に再スタートしました。
やっぱりやめていた間太ったので、装具がきつくてあざができるほどです。
パッドを薄くすればまだいけるかもしれないけれど、作り変えかも。

どうなることやら・・・

受験勉強中です
先日私立高校の入試がありました。
できばえは・・・いまひとつだったそう。
結果は来週です。
本命の公立は3月中旬。
どうなることやら。

新体操は、1週間に1回行くと決めていたのだけれど、思うように勉強がすすまず、焦りもあって、なかなか行けていません。
その代わり、家で毎日柔軟や筋トレをしています。
Kの柔軟の仕方を見て改めて思いました。

うつぶせになって、上半身を反り、頭をおしりにつけるポーズ。
(まるでドラリオン)
自分ひとりでは難しいので、まっすぐ腕を引き上げて、後ろに向かって私が押します。
その際、背骨ができるだけまっすぐな状態でないとできないので、慎重に位置を決めて、まっすぐ押してと言います。
これって、結構整体の矯正っぽい。
こういう筋トレ、柔軟ってやっぱり側わんにもいいような気がします。
こうやって逆エビに伸ばすと、背骨も伸びるような気がします。

これって、新体操で毎回やってるの?
と聞くと、そうだと言う。

やっぱ装具はずす時間が長くなっても、こういう体操やるのは側わんにいいと思います。

今、机で勉強してることが多いのだけど、前ほど背中が痛いと言いません。
コルセットも体になじんで、付けてる方が当たり前だから、そう支障は感じないそう。
人前に出なければ、全然平気だそうです。
冬場は私服でも、上着で隠せるし。

新体操をほとんどしてないから、今は1日22~23時間くらいくつけてるかな。
はずしているのは体育、お風呂の時、お風呂前後の筋トレ、柔軟の時だけです。

身長、伸びが止まった感あります。
157cm前後で動きません。
寝る前などの低い時で155~156cm。
安定してます。

あまりはずさないから、はずした後の身長も、ほんど変わりません。

体重は1キロくらいは減ったのかな?
でも、そこからはダイエットすると言いながら、キープがやっとです。

お腹に装具のパットの跡と、空気穴の丸い跡がついてます。
水玉模様。
装具、ちょっと小さくなったか。
とは言え、丈ではなく、幅なので、矯正には問題ないかも。
むしろきつくなってよいのかもね。

学校でのこと覚書
Kは本当に恵まれていると思います。
二年の時にはクラスに親友がいたため、いつも、体育の着替えなどで保健室に行く時は、つきあってもらってました。
コルセットでなにか言われることもありません。
みんな自然体で接してくれます。
小、中と町内の同じメンバーで、みんな9年来のつきあいだからよかったということもあるかもしれません。
担任も、理解があり、こちらの要求は全面的に受け入れてくれます。
集会では二年の時は、あぐらかアヒル座りを許可されました。
三年では、一番後ろに並ぶので、最後列にイスを出してもらって、イスに座らせてもらっています。
三年で、親友とはクラスが離れましたが、いつも保健室につきあってくれるクラスメイトは一人いて、今ではその子も大親友になっています。

よく言われるトイレの問題は、うちは、トイレは堅い方なので、あまり行かないみたいです。
考えて見れば、私自身も学校ではほとんどトイレに行かなかった気がします。
下着はローライズのボクサーパンツです。
見えてもカッコイイ、ってやつです。
見せませんが。
ローライズなら、コルセットしたままトイレは可能です。
家では、はずして行ってますが。
制服の下は、半そでの、丈が長めで、細目のTシャツ+コルセットです。
ノースリーブやフレンチスリーブも試してみたけれど、脇がコルセットに当たって、イヤだったので、袖つきに落ち着きました。
夏場はメッシュのシャツにしてました。

ちなみに夏休みはTシャツ+コルセットで家にいました。
(Tシャツの上にコルセット、つまり、コルセット丸見え状態です)
下はハーフパンツをはいていたり、いなかったり。(ワンピースのように長いから下着は見えないので)
来客があっても、出ませんでしたが。
今も新体操のない時はそのスタイルです。

暑い夏が終わり、やっと辛い時期を脱した感じです。

覚書のように書いてみました。

きっと側わん初心者にとっては、ちょっとしたことでも、参考になるのじゃないかなと(^^)
どうぞ参考にしてくださいね。
決してこれが模範ではなく、一側わん患者の実態ですが。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。